「自然治癒力」カテゴリーアーカイブ

家出防止用に買った折り畳みテントがまさか野宿で活躍するとは予想外でした!

家にいると瞬く間に両院のどちらかとけんかになるので、
そのリスクを抑えるために買った折り畳みテントだったけど、
昨日はまた父と大喧嘩というよりわたしの存在を全否定されるような、
今まで我慢してきたいかりが大爆発して、
とうとう夜まで家に戻るのが嫌で最寄駅から2つ目の駅まで、
寄り道・休憩をしながら歩いて行ったら、
気が付けばよくいくジャスコの隣の、
大原公園にまで来てしまいました。

水辺と草木にジャスコのネオンの光が池にも反射して、
幻想的な雰囲気が漂っていました。

どうせすぐに父からののろうような視線におびえるからと、
今夜は上原公園で夜を明かすことにしました。

幸い隣がジャスコなので閉店まで店内をぶらぶらして、
ちょっとした食糧を買って夜を過ごすことができました。

公園の水辺のほとり近くの、
明かりがよく灯っている場所を選んで、
テントを張って寝転んでみるととても気持ちがよくて、
時々ここに来て眠るのもいいなと思いました。 続きを読む 家出防止用に買った折り畳みテントがまさか野宿で活躍するとは予想外でした!

私の人生が終わった?と思っていた東京とまたつながった奇跡の物語?のいきさつとルナの思いを感じて!

最近ますます両親との認識の違いによる、
けんかというか内乱がエスカレートしているPIKO家です。

なんというか私がああだこうだと必死に説明をしても、
私が何を言っているのか全く分からないようで・・・

で結局両親が私が訳が分からないことを言うからと、
激しくののしられて居間にいるのでさえ苦痛になり、
私は1日のほとんどを自分の部屋で過ごすことに。

ここ最近はぐんぐんと暑さが増してきて、
5月とは思えない30℃前後まで気温が上がる日も。

とても撮影にもプチ家出もできずの日々が続いているよ。

両親は私が家出をした方がきげんがいいのになぁ。

当然けんかは激化するばかり。 続きを読む 私の人生が終わった?と思っていた東京とまたつながった奇跡の物語?のいきさつとルナの思いを感じて!

シクラメンって春に発芽するんだね!

いろいろあって私専用の植物に水をやることすらできず、
数か月もの間ほとんど放置状態だったけど、
気が付けば青々とした葉っぱがすくすくと育っていてびっくり!

プレートを見てみるとシクラメンって書いてあったよ!

これから冬にかけて成長していって赤くなるんだね!

まっ紅葉みたいなものだよね。

そういえばうちのカエデもきれいな緑色だったなぁ。

続きを読む シクラメンって春に発芽するんだね!

とっさの行動でドンゴロス(麻袋)にルナを包んだのが美しい死相に一役買うことに!

ルナの火葬の日も美しいままだった。

死から1日たっているとは思えない、
硬直も悪臭もそして変色もまったくないルナ。

不思議だねとみんなで思いながら、
これはきっと成仏したという、
満足の相だというのはわかるけど、
何がどうなってこんなに美しい死骸に?と思った。

とは言っても家族はみんな、
精神的に大きなショックで眠れないので、
わたしと父は安定剤を飲むことにした。

でも毎日は身体に負担がかかるので、
まさかとは思ったけど、
天然素材で精神を安定させるものを検索してみた。

そうしたら井草がいいとあったので、
100円ショップで井草マットを買うつもりでいた。

そんな時うちにはコーヒーの麻袋があったので、
麻の効能で調べてみるとかなり強い、
精神のリラックス効果があることを知る。 続きを読む とっさの行動でドンゴロス(麻袋)にルナを包んだのが美しい死相に一役買うことに!

振り戻しに戻ってがっくりだったけど、また元気を取り戻せてホッと一息!

この間は短い間に元気になって大喜びだったのに、
わたしもルナも油断してルナを庭で自由にしたら、
開けていたクーラーのお部屋に全く入ってこない。

慌てて見に行くと家の庭の裏の、
いつもトイレをするところに、
1日中ず~といるし屋根も日よけもない。

これはまずいと部屋に連れて行こうとしても、
ルナはもうよくなったからと部屋に入るのを拒否。

用意していたお水も全く減っていなくて、
がく然となりました。

案の定昨日の検査では数値が通院当初に逆戻り。

しかも通院当初は出ていなかった、
苦しげな呼吸の症状が出ていた。

これは熱中症のダメージが、
心臓にまで及んでいるからですと注意されました。

再発させてしまうと、
かえって治りにくいと言われました。

そこでルナが水を飲みたがる時だけではなく、
呼吸の乱れを感じたら即スプーンで、
水をルナの口の中に流し込むことにしたよ。

そうしてやると水をぺろぺろするので、
これを繰り返し行った後、
回候補膵液はすすんで飲むようになったので、
回候補膵液に豆乳と手作りした、
パンプキンスープ小さじ1杯半くらいを、
よく溶いてスプーンでルナの口元に流ししてみた。

そうこうしているうちに呼吸は落ち着いてきた。

ほんと呼吸の音ってこんなに違うんだと、
自分で確かめて初めて知りました。

ゴ~~と高速道路を走る車のような、
いかにも危険を感じる音から、
だんだんいびきのような音になり、
少しヒューヒューいう程度になっていきました。

が・・・

前より歩行が困難な状態になってしまった。

そこでお医者さんの聴診にならい、
こまめにルナの呼吸の音を聞き、
呼吸が辛そうと思ったら水を飲ませ、
ルナが水を欲しがらない時は、
スプーンで回候補膵液を口の中に流した結果、
今日の検査では状態はかなり良くなり、
39℃以上あった熱もギリギリ38℃台に。

この調子で38℃台に安定すれば、
食欲も出てくると思うので、
おくすりに切り替えることができるでしょうと。

熱中症はよくなったと思っても、
あっという間に急激に悪くなるので、
本当に恐ろしい病気だというのを、
つくづくと思い知らされました。 続きを読む 振り戻しに戻ってがっくりだったけど、また元気を取り戻せてホッと一息!