両親との長期のケンカでとうとう精神からくる体調不良になってしまったよ!

スポンサードリンク

ルナの最後のその日まで寝ずに付きっ切りで見て看取った末、
両親との認識への無理解からくる大喧嘩が、
日に日にエスカレートしていって、
最近ようやく父とは少しずつ歩み寄っていける様になったけど、
母との関係はますますひどくなるばかり。

うまく説明できないけど、
母が何気に行った言葉が私にはものすごく傷つく。

だからそういう言い方は言ってはいけないでしょっと、
一生懸命に説明するんだけどそれが母には攻撃と解釈。

もうこんなに攻撃してくるなら、
あんたとは一緒にいたくないと激怒するんだけど、
次の日は母からか買い物に誘ってきたから同行すると、
買い物の帰りに車の中で口論になって、
頭にきた私は家からの距離を考えずに、
車から飛び降りて自宅とは反対の方向に歩いていたら、
母の車が目の前に来ていたとかね。

さすがに喜んで車には乗りたくないけど、
母が早く乗ってというから乗るってときもよくあるよ。

気が付けばルナがいなくなってもう7か月。

その間ほぼ毎日のように親のどちらかと、
激しいケンカになる日が続いていたからだと思うけど、
とうとう昨日からは精神的なストレスからか、
頭痛や胸が苦しくなったりめまいがあったりで、
ほぼひきこもり状態だけど、
ほとんど利用していなかったというか、
加入しいていたことすら気が付かなかった、
Amazonプライムで音楽と映画が聞き放題見放題という、
楽しみを見つけられて楽しいと思っているよ。

テレビもオンラインで再放送を見ることもできるので、
生放送の番組も大画面のPCで観ているよ。

思ったより画質がよくてびっくりだよ!

今日は昨日より少し良くなったよ!

父が私の体の不調に気がついてくれて、
病院での診察も考えていたみたいだけど、
私は明らかに精神的な大きなストレスにやられてたと、
父に今までの母とのケンカの元を説明したら、
父が母にあの子にもう近づくなと忠告してくれていた。

スポンサードリンク

前の日なんか母に私の不安をや苦しみを伝えても、
お父さんもPIKOももう私と住みたくないって言うから、
私が死ねばいいんでしょとつっかかってくるから、
私が自分には全く否がないと思っているの?と聞くと、
ないとは思わないけどそれじゃあんたはそんなに偉いの?
とつっかかってくるから思わず「偉いよ。」と言ったら、
ものすごく恐ろしい目を私に向けてにらんだよ。

だから人としての振る舞いとして、
こういう態度はしてはいけないと言っても、
全く理解されないんだなと思うのも当然と言え当然だけど、
私は自分が思っていることが全く理解されず、
かえって無理解からの母から逆襲されるのが、
苦しくてたまらないとと言っても、
そんなことをいちいち気にするのがおかしいと、
また激怒されるばかりの日々。

わかりやすく言うといじめた側は、
悪いことをしたとは全く思っていなくても、
いじめられた側は心をズタズタに切り裂かれ、
生きる気力をなくしてしまうことに似ているなと感じているよ。

そうそう精神的なダメージは、
文章にして思いを吐き出したり、
寄り添って理解してくれる人に、
不安な気持ちを吐き出すとストレスが軽くなるって。

だからこのブログにも家出記事や悩みなどを、
つい赤裸々に吐き出してしまうんだなぁ。

意外とこういう記事のほうがアクセスが多くて、
「はぁ~?」って感じで笑ってしまうんだけど、
こういう悩みってたくさんの人が経験しているんだなと、
再認識するし意見をくれるお友達もいてほっとするけど、
家の中では非常識でキツイなんのとりえもない、
馬鹿で狂った女という評価でしかない。

ある日なんか思ってもいないのに、
あんたは私が死ねばいいと思っているでしょ‼と、
いきなり怒鳴りつけてくる有様。

そう思ったことはないけど、
人をののしればののしるほどに、
ののしった人が不幸な最後を迎えるのにとは思っていたよ。

だからこの家に住み続けるのはもう限界だよと、
身体からの警告なんだなと実感しているし、
自分もとっくにそう思って自宅を出る準備を進めているよ。

結局母のほうから私にこの家を出て行けと言われたのが、
自分にその気持ちに火をつけた感じがしたけど、
家を出るのにもお金がかかるからなぁ。理解からくる大喧嘩が、

日に日にエスカレートしていって、
最近ようやく父とは少しずつ歩み寄っていける様になったけど、母との関係はますますひどくなるばかり。

 

うまく説明できないけど、
母が何気に行った言葉が私にはものすごく傷つく。

 

だからそういう言い方は言ってはいけないでしょっって、
一生懸命に説明するんだけどそれが母には攻撃と解釈。

あんたとは一緒にいたくないと激怒するんだけど、
次の日は母からか買い物に誘ってきたから同行すると、
買い物の帰りに車の中で口論になって、
頭にきた私は家からの距離を考えずに、
車から飛び降りて自宅とは反対の方向に歩いていたら、
母の車が目の前に来ていたとかね。

 

さすがに喜んで車には乗りたくないけど、
母が早く乗ってというから仕方なく乗るって事もよくあるよ。

 

気が付けばルナがいなくなってもう7か月。

その間ほぼ毎日のように親のどちらかと、
激しいケンカになる日が続いていたからだと思うけど、
とうとう昨日からは度重なる精神的なストレスからか、
頭痛や胸が苦しくなったりめまいがあったりで、
ほぼひきこもり状態だったけど、
ほとんど利用していなかったというか、
加入しいていたことすら気が付かなかった、
Amazonプライムで音楽と映画が聞き放題見放題という、
楽しみを見つけられて嬉しいと思っているよ。

テレビもオンラインで再放送を見ることもできるから、
生放送の番組も大画面のPCで観ているよ!

 

思ったより画質がよくてびっくりだよ!

 

今日は昨日より少し良くなった。

 

父が私の体の不調に気がついてくれて、
病院での診察も考えていたみたいだけど、
私は明らかに精神的な大きなストレスにやられたと、
父に今までの母とのケンカの元を説明したら、
父が母にあの子にもう近づくなと忠告してくれていたよ。

前の日なんか母に私の不安をや苦しみを伝え、
お父さんもPIKOももう私と住みたくないって言うから、
私が死ねばいいんでしょとつっかかってくる。

私がそれじゃあ自分には全く否がないと、
本当に思っているの?と聞くと、
ないとは思わないけどそれじゃあんたはそんなに偉いの?
とつっかかってくるから思わず「偉いよ。」と言ったら、
ものすごく恐ろしい目を私に向けてにらんだよ。

だから人としての振る舞いとして、
こういう態度はしてはいけないと言っても、
全く理解されないんだなと思うのも当然と言え当然だよね?

私は自分が思っていることが全く理解されず、
かえって無理解からの母から逆襲されるのが、
苦しく苦しくてたまらないと言っても、
そんなことをいちいち気にするのが異常だと言われる。

なんでこんなことで怒るの?と思うことで、
母に激怒される日々の連続。

 

わかりやすく言うといじめた側は、
全く悪いことをしたとは思っていなくても、
いじめられた側は心をズタズタに切り裂かれ、
生きる気力を失ってしまうことに似ているなと感じているよ。

 

そうそう精神的なダメージは、
文章にして思いを吐き出したり、
寄り添って理解してくれる人に、
不安な気持ちを吐き出すとストレスが軽くなるって。

 

だからこのブログにも家出記事や悩みなど、
つい赤裸々に吐き出してしまうよ。

 

意外とこういう記事のほうがアクセスが多くて、
「はぁ~?」って感じで笑ってしまうんだけど、
こういう悩みってたくさんの人が経験しているんだなと、
再認識するし意見をくれるお友達もいてホッとするけど、
家の中では非常識でキツイなんのとりえもない馬鹿でしかない。

だからこの家に住み続けるのはもう限界だよという、
身体からの警告なんだなと実感しているし、
自分もとっくにそう思って自宅を出る準備を進めているよ。

結局母のほうから私にこの家を出て行けと言われた。

この一言で家を出なくてはという気持ちに火がついた気がする。

でも家を出るのにもお金がかかるからなぁ。
だったらどこかの療養施設に私を入れればいいでしょ?と、
両親にそれでもいいからという気持ちをさんざん伝えたけど、
お金がないからと結局自宅にとどまる選択肢しかない。
私的には私の姿を見なくて済むなら、
多少お金がかかってもいいでしょ?と思うんだけど、
結局私は戦場となった自宅にいることになる。

長くいればいるほど自分の寿命が縮まることは確定的!

ただし私の部屋は安全地帯だけど、
トイレは居間を通るので必ず部屋を出ないといけない。

母が居間にいない時を狙って動くのは至難の業。

私もさぁ今までに何度も危険な目にあってきたから、
後頭部からの危険センサーの感度がめっちゃよくて、
優しい笑顔の裏の悪魔のささやく声や、
事が起こる前にとっさに振り向いたら、
すぐそばに怖そうな人がいたりと、
アニメの女性戦士のようなことが、
普通にできていたりするの‼

あこがれてきた女性像って案外そんな人だった。

これも生き延びるために培った特別な才能だよね!

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です