ケンカざんまいの1日&雨が降る中手ぶらで畑に逃げ込んだぜっ!

スポンサードリンク

今日は母と買い物に行く途中車の中でケンカになり、
私がみんなに買ったデザートも食べるなと激怒されるは、
夕食の時もまた母とケンカになったあげくに、
父にもおまえは頭がおかしい、
普通の人間になりなさいと責められるわで、
私も感情がかなりヒートアップしてきて、
携帯もお金も懐中電灯も何も持たずに家を飛び出したよ。

雨が降る中畑のガーデンベンチ2個でベッドがわりにして熟睡。

かえって家にいるより心地が良かった。

それでも2時間くらいするとおなかがすくし足元が寒い。

どこか雨宿りできるところと思ったら、
すぐ目の前に母の友達夫婦が使っている小屋が。

さすがに中には入りずらいなと思って、
一度は小屋は無視していたけど、
そばに行ってみるとちょうど屋根が外にむき出した部分が、
頭の上を覆ってくれたのでその後の数時間をここで過ごしたよ。

スポンサードリンク

なんとなく車が近くに止まったので、
両親がこの場所を突き止めたのかと思ったら、
他人の車だったというのを2回くらいみたよ。

人影かなとも思った時があったけど、
暗くてわからないので木が揺れていたのだと思って、
またもとの場所に戻ったよ。

この時も懐中電灯を照らしていたのに気が付かない。

畑を数十センチ超えたら目の前にいたのに。

あれ誰だったんだろう?

懐中電灯の光の色が違うから、
どうせ他人でしょと思ったから、
自分から声をかけることもしなかったよ。

それからだいぶたってうちの車が来たんだけど、
待っても待ってもずっと同じ草むら周辺をうろうろ。

ほんの1mm先の小屋の前にいるのに、
こちらを全く探そうとしない。

犬か猫じゃあるまいしそんなとこにいるわけがないじゃん。

普通にまずは雨宿りができそうな場所を探すものなのにね!

私が家を飛び出したから自分からお母さんって、
駆け寄っていくのもカッコ悪すぎてできるかっていうの!

いっこうに私を見つけられないので、
しびれを切らした私は反対側にある、
川へ降りる岸壁を降りて行き橋のすぐ下の岸壁をよじ登って、
川の上にかかった橋を渡って家に帰ったよ。

両親は私を探しにでているみたいで、
家にはいなかったので今のうちに夕ご飯を食べてっと。

そのあと買ったデザートを食べてから、
自分の家に戻った少しあと両親が戻ってきたよ。

少ししてから家の前を警察が通ったのがわかったよ。

今頃?だよね?

そして両親が戻ってきて、
母が部屋の明かりがついているのに気が付き、
PCで遊んでいる私を見つけてすごく探したの、
警察も警察犬動員で探してくれたんだけど、
両親の依頼でか私は家にいるのに、
団地を探しに行ってしまったかと思ったら、
この雨なのでにおいも消えてしまって探せないとのこと。

そりゃぁ逆から歩いてきたし、
家に戻った後に雨でにおいが消えて当然だよね?

もしここで家の中で私を発見していたら、
警察にバカにするなとこっぴどく叱られていたでしょうね!

 

これじゃぁ私と両親がずっと理解しあえないのも当然だよね?

私の行動範囲すらわかっていないってこと。

私がルナを探すときはルナの普段の行動を思い出しながら、
ここじゃないかなと感で探りながら探すのに、
一か所をずっと探していること自体、
私のことを全く分かっていないなと思ったよ。

両親が青春時代によしとされた常識と、
私がいいと思ってやっていることが、
あまりにもかけ離れているし、
両親と暮らす以上古い常識に、
ぎゅぎゅうっと押し込められる私の苦悩など、
全く理解しようとしないから説明しても、
かえって逆上されてそれじゃ出ていけと言われること数知れず。

それが自分の可能性を押しつぶしてしまうことなど、
両親は梅雨も知らず&理解されず、
あんたがケンカを仕掛けてくるからでしょと、
激しい言論戦となるのがいつもの日常になっているの。

こんな生活が毎日続くと自滅したくなるのも当然でしょ?

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です