ルナの大変身からわかった!動物も人と同じように接すると人と同じ心を持つんだ!

スポンサードリンク

かなり人間ぽいと思っていたルナだけど、
振り返ってみるとうちに来た頃のルナは、
普通のわんこって感じで、
わたしもよくあるしつけ方法で、
一生懸命に従わせようと必死になっていたな。

でもかえって反発してくるし、
何よりもしつけている自分が苦しい。

ということでわたしは時間がかかっても、
この子を信じ続けようと決意するのだった。

それ以来ルナの笑顔がどんどんと増えていったよ。

スポンサードリンク

どのしつけ情報も名だたるドッグトレーナーも、
人と犬との上下関係を徹底するのが大事という。

でもしつける前に自分が苦痛を感じるので、
これだったら自分が心地がいいと思う、
大切な人生のパートナーカーとして接することに。

それからは何をしていても、
ルナと一緒にいる時が一番幸せだったよ。

 

例えルナが疾患を抱えていたとしても、
少しでもルナが回復して元気になると、
嬉しくて嬉しくてたまらなかったの!

人間ぽい犬とよく言いますが、
人間ぽいのではなく人と接することで、
犬は人の心を持つんだなと気が付いたよ。

 

オオカミに育てられた少女みたいな。

 

なので普段生活していく中で、
これは教えておかないと思うことだけ教えるの。

ルナの場合は止まれと待てだけ教えたの。

信号が赤の時は止まって、
信号が青に変わるまで、
止まれを1回させてから、
よしよし3回に対して止まれを1回を、
必ず行うようにしてきたら、
いつの間にか私より早く、
状況を判断して信号が青になる数秒前に、
歩き出していてびっくりさせられる毎日。

 

ほんと犬の直感はすごいんだなと、
尊敬せずにはいられなかったよ。


ルナにノーベルドッグ賞をあげたいなぁ!

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です