そういえばルナってわが家に来てやっと泣き止んだんだね!

スポンサードリンク

ルナの昔の写真を見ると、
寂しそうな表情をしていたと思ったけど、
その前のプロフィール用の写真を見ると、
泣き顔で悲しいという表情をしていたよ。

うちではほぼ笑った顔しか、
見たことがなかったのに….

この表情から見比べると、
わが家に来た時の表情は、
泣き止んだ時の表情に見えてきたよ!

この日からわたしとルナの、
絆を築く旅がスタートしたのだった。

スポンサードリンク

最初の頃は表情が乏しかったルナが、
最後のお別れの時さえも、
めっちゃ笑顔でわたしに微笑んでいた!

死後まる1日わたしのお部屋で過ごしたのに、
身体もきれいなままで柔らかかった。

いよいよ火葬という時は、
開いていた目は自ら閉じたが、
口はポカンと開いたままだった。

ずっとルナを撮ってきたわたしには、
この表情はひょうたん塚公園で、
フランクフルトを食べて、
その後草薙三角緑地をお散歩して、
最高の幸せタイムの表情だった。

2017年11月15日撮影

この時もうこの表情は、
二度と撮れないと思ったけど、
最後の最後でこの表情を見せてくれたの‼

この表情からもルナの一生は、
平均よりは短かったものの、
1日1日が密度の濃い一生だと確信した。

そのころはShaw Academyという、
オンラインのスクールで、
フォトグラフィー初級を学んだばかりで、
ちょうど被写体に近づいて撮るということを、
学んだばかりだったので挑戦しただけだった。

それ以来常にシャッターを高速にして、
連写で1秒に3枚撮れる設定にしている。

ルナを撮る時は”その命の輝きを見逃すな‼”と、
強く意識しながら撮ってきた。

今はルナとのキラキラの思い出を、
更にキラキラにするために、
デコアルバムやデコグッズ作りを、
1つ1つ心をこめながら作っています。

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です