とっさの行動でドンゴロス(麻袋)にルナを包んだのが美しい死相に一役買うことに!

ルナの火葬の日も美しいままだった。

死から1日たっているとは思えない、
硬直も悪臭もそして変色もまったくないルナ。

不思議だねとみんなで思いながら、
これはきっと成仏したという、
満足の相だというのはわかるけど、
何がどうなってこんなに美しい死骸に?と思った。

とは言っても家族はみんな、
精神的に大きなショックで眠れないので、
わたしと父は安定剤を飲むことにした。

でも毎日は身体に負担がかかるので、
まさかとは思ったけど、
天然素材で精神を安定させるものを検索してみた。

そうしたら井草がいいとあったので、
100円ショップで井草マットを買うつもりでいた。

そんな時うちにはコーヒーの麻袋があったので、
麻の効能で調べてみるとかなり強い、
精神のリラックス効果があることを知る。

スポンサードリンク

さっそくコーヒーの麻袋を引っ張り出して、
その中に枕を入れてたたんで寝て見たら、
すごくよく眠れて気持ちが落ち着き、
知らないうちにぐっすり眠ってしまっていたよ。

麻の効能は本当に色々なんですよ。

詳しくはこちらの記事でご確認ください。

https://news.yahoo.co.jp/byline/abekasumi/20191107-00148132/

いつも色々な用途で使っていましたが、
ここまですごい効果があるとは思いませんでした。

そういえばルナがコーヒー豆が入っていた、
ドンゴロスがすごく好きで、
いつも庭でドンゴロスに寝転がっていた。

その時ルナはとっくに、
麻のすばらしさを知っていたんだね‼

動物は人間よりはるかに直感が鋭いもんね。

麻袋でただ寝ているだけで、
体のバランスを整えるんですね!

そう考えると病気になるような生活習慣は、
極めて0⃣に近いと思える。

それなのに家族や縁する人すべての幸せのために、
あえて死を選んだルナの天文学レベルの、
広い愛のために死を選んだとしか思えない。

実際強い日差しから守ろうと、
あれこれと対策はしてきたのだけど、
私が熟睡しているのを見計らって、
お部屋を出て屋根がない裏庭で、
ずっと寝ている日が続いた。

だったらとお水を置いてあげないとと、
あちこちにきれいな水を置いてあげたけど、
飲んだ形跡もなく水も少しも減っていない。

自らわざわざ自殺行為をしてきた。

これがとどめになってルナは命を落としたけど、
今思えば資金ぶりが困窮状態のわが家も、
ルナのおかげでペット保険が下りることになるし、
あまったドッグフードも、
ブログ友達のわんちゃんが、
食べてくれることになったし、
わが家も最後の最後で、
ルナを救いたいという思いで、
一人一人ができる範囲で、
ルナのために動けていた。

わたしも天然素材での治療を、
なかなか理解されずいつも怒られていたけど、
狐ヶ崎動物病院でこの話をすると、
否定することなくうんうんと、
うなずいてくださった。

これだけでもどれだけ気持ちが楽になったことか。

そしていつもどうせ私はとつい言ってしまう私。

でもルナを失いたくないという、
強い一念でルナがなくなる1分前まで、
必死にお題目をあげ抜くことができた。

そしてルナが亡くなった時刻は、
わたしが何かとよく使う315の時刻。

つまりは午前3時15分までは生きていたのだ。

わずかな希望をかけてお題目を上げたのち、
わたしの名前を数字にした、
午前3時15分に息を引き取ったのだった。

この最後の最後まで私を思い続けた、
ルナのどこまでも甚深な愛を感じては、
今まで以上に更に涙があふれだして止まらない。

犬は人間以上に愛情深いという記事を、
読んだことがあります。

本当にその通りだなと、
ルナの命の炎が燃え尽きるまで、
縁するすべての人の幸せを願ったルナに、
ハンドメイドでティアラを作ってあげたいな・・・

ちょっと話が反れてしまいましたが、
これからはもっと積極的に、
麻袋を活用していこうと思います。

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です