振り戻しに戻ってがっくりだったけど、また元気を取り戻せてホッと一息!

スポンサードリンク

この間は短い間に元気になって大喜びだったのに、
わたしもルナも油断してルナを庭で自由にしたら、
開けていたクーラーのお部屋に全く入ってこない。

慌てて見に行くと家の庭の裏の、
いつもトイレをするところに、
1日中ず~といるし屋根も日よけもない。

これはまずいと部屋に連れて行こうとしても、
ルナはもうよくなったからと部屋に入るのを拒否。

用意していたお水も全く減っていなくて、
がく然となりました。

案の定昨日の検査では数値が通院当初に逆戻り。

しかも通院当初は出ていなかった、
苦しげな呼吸の症状が出ていた。

これは熱中症のダメージが、
心臓にまで及んでいるからですと注意されました。

再発させてしまうと、
かえって治りにくいと言われました。

そこでルナが水を飲みたがる時だけではなく、
呼吸の乱れを感じたら即スプーンで、
水をルナの口の中に流し込むことにしたよ。

そうしてやると水をぺろぺろするので、
これを繰り返し行った後、
回候補膵液はすすんで飲むようになったので、
回候補膵液に豆乳と手作りした、
パンプキンスープ小さじ1杯半くらいを、
よく溶いてスプーンでルナの口元に流ししてみた。

そうこうしているうちに呼吸は落ち着いてきた。

ほんと呼吸の音ってこんなに違うんだと、
自分で確かめて初めて知りました。

ゴ~~と高速道路を走る車のような、
いかにも危険を感じる音から、
だんだんいびきのような音になり、
少しヒューヒューいう程度になっていきました。

が・・・

前より歩行が困難な状態になってしまった。

そこでお医者さんの聴診にならい、
こまめにルナの呼吸の音を聞き、
呼吸が辛そうと思ったら水を飲ませ、
ルナが水を欲しがらない時は、
スプーンで回候補膵液を口の中に流した結果、
今日の検査では状態はかなり良くなり、
39℃以上あった熱もギリギリ38℃台に。

この調子で38℃台に安定すれば、
食欲も出てくると思うので、
おくすりに切り替えることができるでしょうと。

熱中症はよくなったと思っても、
あっという間に急激に悪くなるので、
本当に恐ろしい病気だというのを、
つくづくと思い知らされました。

スポンサードリンク

この病院では自然治癒力を高める治療があり、
ルナも自然の空気や音などから気を取りこみ、
全身のバランスを完全に整える機械があり、
ルナもかけていただきました。

たぶんアーユルベーダ、
気功やヨガに近い感じだと思う。

これをボタン一つでできるなんてすごすぎ!

先生にわが家はコスモドクターがあるのですが、
昨日制作会社側に問い合わせたところ、
コスモドクターは人間用なので、
ペットに使うのはおすすめできませんと、
言われたのですがと切り出すと、
先生はペットは人間の5/1の電位でいいんだよと、
丁寧に教えていただきました。

これはもう古いよともおっしゃっていました。

なのでコスモドクターはやめて、
先生の自然の空気や音を取り入れた、
全身の気を整える機械で、
今後治療していきたいと思いました。

母もこれにはびっくりで、
わたしもそこで治療をしたかったなと、
うらやましそうに言っていました。

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です