昨日はあまりにも暑いので牛乳パックで作った簡易保冷剤をお部屋に置いて寝たよ!

昨晩はクーラーを22℃に設定して、
扇風機もかけていたにも関わらず、
あまりにも暑くて全然眠れなかったわたしとルナ。

どうしたら眠れるかなと思っていたら、
前に手づくり保冷剤を検索した時に見つけた、
牛乳パックを使ったご保冷剤を思い出したので、
とりあえずあるだけの氷を牛乳パックに詰めて、
扇風機の風がよく当たる場所に置いてみたの。

そうしたら気化熱で扇風機の風がすごく冷たくて、
ひんやり気持ちがよくてぐっすりと眠れたよ。

スポンサードリンク

明け方になると寒いくらいよく冷えて、
扇風機を弱にして寝たよ。

お部屋が冷えていない時は、
お部屋を出たり入ったりしていたルナも、
朝まで寝がえりをすることなくぐっすり。

だんだんルナも少し寒くなってきたみたいで、
明け方頃にお部屋を出て行ったよ。

今日作ったのは牛乳パックに、
リメイクシートを張ってその上に、
小物などを送るラミネートフィルムの袋を、
上からと下からにかぶせてテープで固定したもの。


もう少し上手に作れるようになったら、
インテリアとしても違和感がない、
素敵なものを作りたいな。

参考にした記事の筆者は、
家族でよくキャンプをされるそうで、
クーラーボックスに3個ほどの、
牛乳パック保冷剤を入れておくと、
1日中溶けないと書かれていましたが、
この猛暑じゃせいぜいもって、
6~7時間くらいかもしれませんが・・・

この保冷剤があるかないかで、
涼しさが全然違うのでぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です