静岡県立美術館の外側の遊歩道は外国みたいな風景だよ!

スポンサードリンク

昨日も夕方からのお散歩のルナ。

夕方のお散歩の定番のコースになりつつある、
静岡県立美術館に行ってきたよ!


ちょうど夕方からのわんこたちの交流会が開催される時間で、
たくさんのわんこ&飼い主さんが集まっていたよ。

わたしはたまには交流会に参加させたいと思っていたんだけど、
ルナは1回もそちらを振り向きもせずに、
反対方向にアップテンポで歩いて行ったよ。

ルナはさぁ1か所に長いこといるより、
あちこちの風景を楽しみながら歩くのが好きだからねぇ。

ルナを優しく受け止めてくれるボーイフレンドの、
ゴールデンレトリバーのロック君は毎日来ているんだって。

2日以上続けて同じお散歩コースに行くのはイヤなルナにとって、
それほど魅力のあるお散歩とは思えないんだろうね。

こういうクセをつけさせてしまったのも、
わたしが長年の間毎日お散歩コースを変えてきたからだと思う。

幸い草薙周辺はお散歩するのにいい場所がたくさんあって、
今度ルナを連れてきてあげたいって思うから、
お散歩コースがどんどんと増えてきてしまったよ。


いつでもカメラは連写にしているので、
1枚撮ったつもりでも2~3枚は撮れているの。

最初撮った写真と同じに見えても微妙に違うともう消せない派。

PCで確認して初めて気が付く写真も多くて、
わたしが見ていない時でもいい表情ってたくさんあってね。

それがすごく楽しいし貴重な瞬間を撮っていることが多いの。

スポンサードリンク

さていつもよくお散歩する静岡県立美術館の、
彫刻プロムナードをサラッとお散歩。


いつもより外側を歩いてみると風景ってガラッと変わるね!

朝や昼間は気に留めることがない風景も、
夕日色に染まると風景がくっきりと浮き上がって見えるのか、
いつも撮らないところをパシャパシャ撮りまくってしまったよ。

ここはわたしが大好きな場所で、
春は桜に囲まれた橋が素敵なの!

そしたらルナが今度は美術館の外側を歩きたいっていうの。


外側に出て見るととっても素敵な、
外国を思わせる風景が広がってすごく素敵‼

この風景も昼間だったらなんてことはない風景だけど、
黄昏時になるとどこかダークな雰囲気が漂っていて、
ちょっぴりセンチメンタルでロマンティックな世界が広がるよ!


時計も雰囲気を演出していて好きだなぁ。

パッと思いついた「センチメンタル」という言葉を、
改めて調べてみると「思いでの詰まったもの」という意味でも、
海外でよく使われる言葉だそうで、
まさに今見ている風景がこれにぴったりとあてはまっているね。


ルナも普段ここに行きたいとも言わないので、

意識して行こうとも思わなかったけど、
ルナもきっとこのセンチメンタル色に染まる景色を、
しっかりと目に焼き付けて見ておきたかったんだね。

お主高度な光を読む力をお持ちですな!

写真を撮る側にとっては最重要なセンスでもある。

ルナが写真を撮ったら光をうまくとらえた、
幻想的な写真を撮ったかもとまたまた妄想がさく裂‼

ルナここに連れてきてくれてありがとうね!


あっ!ぁの光は?!

ルナの未来へ続く光じゃ。

ルナの未来は明るいのじゃ。

なんて妄想がパッと思いつく写真。

ブログを書く楽しさの一つは、
写真を見ながら妄想の世界を繰り広げることでもある。


ほんと?わたしの未来は明るいんだね?


さて美術館と隣接する静岡県立大学周辺に来たよ。


ここもいつものコースだけど、
昼間より緑がくっきりとしていて、
離れたところから撮っても、
草の1本1本がよくわかる。


そんなころわたしたちがお散歩している間、
買い物をしていた母から連絡が来たよ。

ちょうどすぐ近くを歩いていたのでラッキー!

それじゃおうちに帰ろうね!

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です